お仕事

お仕事 · 2021/03/11
 最近、新商品開発に携わることが多く、その中で「適正な原価率はどれくらいですか?」と聞かれることが度々あります。この質問がとても嫌いで、ついつい語気を強めて話をしてしまいます。商品単体の収益構造とすれば、原価率が低いことが理想でしょう。一般的には「原価率は30%までに抑えましょう!」といった、何を根拠に言っているのか分からない理論も横行しています。  では、30%に抑えれば必ずもうかるのでしょうか?それは全く違います。当社の経営理論とすると「30%に抑える」理論が通じるのは、相当量を販売しているある程度大きな企業だけだと考えています。小規模、零細企業にこの理論をあてはめてしまうととんでもないことになります。

お仕事 · 2020/12/23
 一時前はISOの取得が流行っていた時期がありました。企業の運営プロセスを評価するISO9001を中心に、環境面のISO14001、各業種に合わせた認定システムなどなど。これはコンプライアンスなどという言葉がまだ浸透していない時期に、取引先企業の経営体質を担保する意味で評価されていました。昨今はまっとうな経営が企業存続の最低条件になっており、それがコンプライアンスという共通言語として浸透している中で、ISOの価値は多少なりとも薄れているように思います。  最近では食品関係のHACCP、農業のGAPなど、海外の流れを汲んだ認定制度が盛んになっています。その中で、GAPに関するセミナーとして、「5S」や「生産管理」をテーマに話して欲しいというオーダーを頂きました。

お仕事 · 2020/11/17
 この度、個人事業として運営していた「ブイコンサルティング」ですが、2020年11月17日をもって「株式会社ブイコンサルティング」として法人設立を行いました。 【法人設立の目的】 お客様からの信頼度向上 ブランド力の向上 事業部制による事業範囲の拡大  法人設立にあたりブランドロゴも刷新しました。 力強い色への変更 洗練されたフォントへの変更...

お仕事 · 2020/10/19
 10月14日(水)に勝山市のショッピングセンター「勝山サンプラザ」にて、経営者向けにセミナーをしてきました。メインテーマとしては『事業承継』があるのですが、サブテーマは「問題発見と解決法」ということでお題を頂きました。ちょっと変化球的なテーマだったので何をしゃべろうか迷いましたが、ものづくり現場での解決手法をベースにした話をしました。...

お仕事 · 2020/10/12
 「何のために経営していますか?」と経営者に聞くと様々な答えが返ってきますが、ゴーイングコンサーン(企業継続)が前提だと考えると「儲けるため」「お金を稼ぐため」という考えは返ってくるべき答えだと思います。赤字のままではいずれ倒産してしまいますし、現金が無ければどんなに素晴らしいビジネスモデルでも倒産してしまいます。...

お仕事 · 2020/09/01
 コンサルタントは会社のお金事情にアドバイスをする仕事です。同じようにお金事業にアドバイスをする仕事として、税理士(会計事務所)があります。最近強く思うのが税理士の使い方、選び方で経営って大きく変わるという事。単に決算書業務だけをやっている税理士と付き合っていても会社は成長しないと思います。

お仕事 · 2020/08/10
 ブイコンサルティングでは「キャッシュフロー経営」を強く提案しています。売り買いをしてでた利益で構成される「損益計算書」では経営改善は出来ません。なぜなら、損益計算書で計算される最終利益=キャッシュ(現金)ではないからです。...

お仕事 · 2020/07/27
今や日常生活に溶け込んでいるSNS その中でも写真の共有をベースにしたコミュニケーションツールが「インスタグラム」です。

お仕事 · 2020/05/08
 コロナウイルス感染症の拡大にあたって、皆さまの事業にはどのような影響が出ていますでしょうか?あらゆる業種で売上減少など、非常に厳しい状況に陥っていると思います。その中でも、知恵を振り絞って、従業員の生活を守ろうとされている経営者の方も多くいらっしゃいます。これを契機に、BtoB⇒BtoCへの転換を図っている企業や、本業の技術を生かした新製品を開発し、従来よりも高い利益を上げている企業もあります。  とはいえ、そのような企業は少数です。大多数の企業は、国や県、市町村の支援策を活用しながら、何とか今をしのぐという状況だと思います。  ゴールデンウイークが明けてから、真っ暗のトンネルに出口のわずかな光が見えるような報道も出てきました。もうしばらくの辛抱です。

お仕事 · 2020/04/28
 先日、とある支援機関の方から、県内の製造業に同行して欲しいと依頼がありました。そこはいわゆる「一品受注生産型」の企業です。「一品受注生産型」とは、既に作った事があるリピート品(もしくは部分的な仕様変更品)を作るのではなく、顧客の要望に合わせて一から設計したり、既存品のカスタマイズをしたりしてものづくりをするタイプの製造現場の事を言います。  ものづくり現場の改善において、この一品受注生産型で改善効果を出すのは腕の見せ所になります。

さらに表示する